アニソンの女王 水樹奈々

水樹奈々

アニソンの女王 水樹奈々

 “おたく”がカルチャーと化している現代の日本社会では、大人がアニメを見る事はなんら不思議な事ではなく、むしろアニメを見る事ですらファッションの一部となりつつある。そんな中、音楽界で新たに市民権を得ることとなったのが、アニメソング及び声優の存在である。水樹奈々と言えば、近年「アニソンの女王」の名称で親しまれ、アニメファンを筆頭に絶大な人気を誇る声優オブ声優だ。彼女は、1997年にゲーム声優としてデビューした後、2000年にはシングルCD「想い」で歌手デビュー、その後も「ラブひな」や「シスター・プリンセス」などといった人気アニメを筆頭に多数の作品に出演して、女王の名を揺るぎないものとした。
 水樹奈々は、声優出身といえどその歌唱力はプロの歌手さながらであり、2009年には、声優では初のNHK紅白歌合戦出場を見事果たし、それ以降も三年連続出場を重ねている。2011年の紅白歌合戦では、24枚目のシングルであり、第31回全国高等学校クイズ選手権の応援ソングでもある「POP MASTER」を歌い上げた。イントロのギターソロに始まり、アップテンポで爽やかなこの「POP MASTER」は、間の手のような振りも付いていて、ライブでは観客も一緒に盛り上がることが出来る。着うたで水樹奈々の楽曲をダウンロードし、夜な夜な練習をしてカラオケで披露すれば、サブカルチャー好きな友人達からの注目を浴びること間違いないだろう。


ホーム RSS購読 サイトマップ